2017年4月24日月曜日

2017J2第9節アウェー 京都サンガFC戦

2017J2第9節 アウェー 京都サンガ.FC 1-1△

評価の難しい内容、勝ち点1を持ち帰れたのか勝ち点3を取り逃したのか。

前半からサンガのペースで進んだ試合は後半、闘莉王に先制点を取られるまでは変わらぬ展開、しかしその後は山雅が支配する時間が多くなり飯田のゴールで同点に追いつき、さらに畳み掛けるように攻め続けましたがゴールは割れず、引き分けとなりました。


結局アウェー2連戦で勝ことはできず、ホームに帰って立て直しを図りたいところですね。

2017年4月17日月曜日

2017J2第8節アウェー ロアッソ熊本戦

2017J2第8節アウェー ロアッソ熊本 0-2 ●

熊本地震から一年が経過した節目の試合は、不運もあった先制ゴールが全てだったのかな。
今日は攻めても攻めてもゴールが遠かった。

この2戦上位に連勝して、勢いに乗りたいところをやられてしまいました。

今年もJ2リーグは厳しい戦いになることを思い知らされた一戦でした。





2017年4月9日日曜日

2017J2第7節ホーム V・ファーレン長崎戦

2017J2第7節ホーム V・ファーレン長崎 3-0○

前節に続いてクリーンシートで快勝。3位にいた好調長崎を、危なげなく退けました。

目を引いたのはコンパクトなラインを引く相手に対しての前線からのプレス、全く自由を与えずチャンスを作らせませんでした。

次節からはアウェー2連戦になりますが、反さんが勝ち点6をみやげに帰ってくると言っていたので、楽しみに待つことにしましょう。







毎年恒例の強風です

ゴール裏は大迫力
さあ始まるよ



今日は逆エンドから

途中交代した飯ちゃん 心配です

宮坂どフリーを

外しちゃった


高崎ヘディングシュー

決まるか

決まるのか

キーパーセーブして追加点ならず
村山 安定していました

試合終了

勝った   緑のFDA機も

勝利後のハイタッチうらやまし~

勝利をありがとう

笑顔がいいね

ドヤっ



竜太朗の涙が印象的でした






2017年4月2日日曜日

2017J2第6節アウェー 徳島ヴォルティス戦

2017J2第6節 アウェー 徳島ヴォルティス 2-0○

好調だった徳島に完勝。

いやな負け方をした前節を引きずらずに、試合内容が伴った気持ちのいい勝利でした。


次節のホームでもこのような試合を期待したいと思います。





2017年3月27日月曜日

2017J2第5節 名古屋グランパスエイト戦

2017J2第5節ホーム 名古屋グランパスエイト 1-2●


3月も下旬に入り春を思わせる陽気になってきた中一転、雪が舞い寒い日になってしまった今日の試合は、内容もお寒いものとなってしまいました。

それでも前半は隼磨が奪ったPKを高崎が決めて、さらに追加点を取れそうな決定機もあり、互角以上に戦えていました。

しかし後半 相手の圧力が強まっていたとはいえ、そこで耐えれるのがいつもの山雅の守備のはずが、まさかのオウンゴール2発で逆転されるとは・・・・








こういう試合も有ります。ここは切り替えて次節アウェーで好調の徳島から勝ち点を奪ってほしいと思います。


2017年3月21日火曜日

2017J2第4節ホーム ジェフユナイテッド市原・千葉戦

2017J2第4節 ホーム アルウィン開幕戦 ジェフユナイテッド市原・千葉 3-1○

ディフェンスに特徴のあるチーム、反町監督が語っていたハイラインを敷いてくるジェフの戦術を上回った3得点でした。

2・3点目は結果セットプレーでの得点でしたが、そのきっかけは相手の裏を取っての攻撃がありました。

戦前は苦戦を予想していました、アルウィンの開幕を待ちわびていた山雅サポの思いを、選手たちは見事な快勝劇で答えてくれました。


次節はホームでまだ本調子ではなさそうな名古屋グランパスを迎えての一戦ですが、ここで勝って連勝を伸ばして波に乗りたいですね。




2017アルウィンの開幕戦です

新設されたピッチシート

でかくなって

しかも綺麗

パウロは出れなかったのかorz
ゴール裏は、今年も熱い!


ジェフサポも気合い入ってる!
中央線は山雅サポにとって神聖なる儀式です

試合前のはゆさんの神聖な儀式です
相手の攻撃をみんなで跳ね返す!

帰ってきた村山、安定してました

後半開始

早々に追加点でSeeOff!!!


高崎、ご苦労さんでした


勝利の街を歌う時が最高に幸せな瞬間です

笑顔溢れるゴール裏


はゆさんのこのポーズ、大好きです





帰り道の一コマ^^

2017年3月13日月曜日

2017J2第3節アウェー FC岐阜戦

2017J2第3節 アウェー FC岐阜戦 1-0○

今期山雅初ゴールは、やはりセットプレーから、飯田が左足のボレーで決めてくれました。


それにしても岐阜にはやられすぎました。J2でこれだけポゼッションを圧倒されたのは、過去ガンバ戦くらいかな。

後半は見せ場も無く、いつ点を取られてもおかしくない展開でしたが、相手の拙攻にも助けられなんとか逃げ切ることが出来ました。


次節はいよいよホームでの試合ですが、今期負け無しで首位に立つジェフ千葉は相当
苦戦すると予想されます。

でも我等が聖地アルウィンで簡単にはやられるわけにはいきません。

手ごわい相手にホームで勝って勢いに乗りたいところです。



2017年3月5日日曜日

2017J2第2節アウェー 愛媛FC戦

2017J2第2節アウェー愛媛FC戦 0-0△

点が入らない!

立ち上がりからこっちペースの試合。でも打てども打てどもゴールは決まらず、枠内に行ったシュートが少ない。

全体的には悪くないんだけどね。

でも個人的に期待している志知が初先発を果たして、スピードと強さ上手さを見せてくれました。


次節はアウェー3連戦の最後岐阜戦です。名岐ダービーを惜しくも引き分けた岐阜は、今季は良い補強をして非常に手ごわい相手だと思います。

しかしそこに勝ってこそ先が見えてくると思うので、次こそ今季初得点と勝ち点3を取って帰ってきて欲しいと思います。


にしてもDAZNは見ずらいな~(-_-メ)





2017年2月26日日曜日

2017J2開幕戦アウェー 横浜FC戦

2017年シーズンの開幕です。

待ちに待った  という感じではなくアっという間にオフシーズンが過ぎたという感じ。
歳を取ると時間が過ぎるのが早いせいなのか。。。

昨年の口惜しさを払拭すべくニッパツには大勢の山雅サポが集い、僕も気合いを入れてPV観戦で今シーズンに賭ける気持ちが昂ってきます。


しかし開幕から3連戦でアウェーが続くという、例年になく厳しいスケジュールを組まれてしまった山雅のスタートは、サッカーの厳しさを思い出させてくれる試合でした。

最近負けた覚えのない横浜FCだったので、いけるんじゃないかという思いもありましたが、そこは相手もしっかりと対策を立ててきたきたのか、こちらのペースにはなりませんでした。

相手チームとサポーターもこちら以上の気持ちで迎えたであろう試合は、山雅に勝機は訪れず0-1での敗戦。

今日は相手にしてやられた、というところでしょうか。


ただ新戦力のセルジーニョが期待できそうとか、志知がリーグ戦初出場を果たしたりとか、今後に繋がるところも見えた試合でもありました。

次節アウェー愛媛戦ですが、連敗は許されないところです。
ここは何としても勝ち点を取ってほしいと思います。



2017年2月19日日曜日

印象に残る試合&ゴール パート4

2月を中旬が過ぎたというのにこの陽気、は一体何なんでしょうか?!

今日は毎年恒例のキックオフイベントが行われ、来週の開幕を前に気持ちが昂ってくるの抑えつつ、今シーズンを迎える準備を着々と進める週末です。

DAZNの登録はOK(たぶん)テレビでDAZNを見る方法もOK(たぶん)、最も大事なそれを録画する方法もOK(たぶん)。

準備万端、、、後は開幕を迎えるだけだ!


印象に残る試合&ゴール パート4は2015年のJ1元年横浜Fマリノスとの戦でいす。

以前自分の夢はJ1の舞台で”中村俊輔のいる横浜FMに勝つこと”と言いましたが、それが叶うかも、ていうか同じ舞台で戦えるだけでも信じられないことだったのに、それが現実になるとは、改めて山雅の選手たちに感謝したいと思いました。

そんなリスペクトした気持ちがよく無かったのか試合は完敗。2011年同様力の差を見せつけられた内容でした。

更に印象に残ったのはマリノスサポの気持ちの入り様で、トリコロールのコレオに始まった素晴らしい応援に、アルウィンに居ながら圧倒されてしまいました。
2015J1第13節ホーム 横浜Fマリノス戦(夕焼けからしてトリコロールじゃん^^)

2015年最終戦での降格が決まった後のアウェー戦も、もちろん行かないとい選択肢は有りませんでした。
前回の対戦とは違いJ1にマリノスに、山雅魂を見せれた一戦として誇りに思える試合だったと思っています。
2015J1_2nd第17節アウェー 横浜Fマリノス戦


マリノスとの再戦はいつになるのか。でも俊輔がいなくなってしまったマリノスとの試合は、違った意味合いの試合になるでしょう。

僕の夢は叶わぬ夢となってしまったのかもしれません・・・・




2017年2月5日日曜日

印象に残る試合&ゴール パート3

昨日は2017年開幕戦、横浜FC戦のチケット発売日。PCとスマホ2台を準備し10時キッカリにポチ・・・・・・・
結果はどのサイトも正に秒殺で売り切れorz
僕にとっての開幕戦は少し先になってしまいそうです(^-^;


さてパート3はというと、松本山雅FCにとって歴史的なJ1元年2015年。その開幕戦アウェー名古屋グランパス戦は驚きの連続でした。

まずは初めて訪れた豊田スタジアムの立派さに、お上りさん状態でスゲー。

これだけの規模の球技専スタは初めてです。このスタジアム最高!でしょ

J1のアウェー感にも驚かされました。



俺たち山雅サポも負けてなかったけどね。


試合の方でも理想的な展開で3点を奪ったことに我がチームながら驚き、その後名古屋のパワープレーの凄さを見せつけられ、あっという間に追い付かれていたことに驚き。



J1最初の豊田スタジアムでは一日の中で色々なことがあった忘れられない一日になりました。


2017年1月28日土曜日

印象に残る試合&ゴール パート2

パート2も2011年から、長野県選手権の長野パルセイロとの決勝戦、もうダメだと思った延長後半ロスタイムにガチャのゴールで追いつきPK戦の末に勝利を飾りました。

この勝利がその後の天皇杯での快進撃につながり、運命としか言えない横浜Fマリノス戦へと導いてくれることになるとは、夢にも思いませんでした。


アルウィンでは珍しく北側がホームスタンドだったことや、真夏の日差しがギンギンに照りつけ、全身真っ赤になっちゃったことを覚えています。





天皇杯本選では、二回戦はまたまたガチャのファインゴールなどでJ2横浜FCを破り、三回戦はJ1新潟をリーグ戦を見据えたターンオーバーしたメンバーで破ることになります。





李鍾民のCKかっけー

平日開催だったためにビッグスワンに行けなかった事が本当に悔やまれます。
一生の不覚 (;o;)


2017年1月22日日曜日

印象に残る試合&ゴール パート1

2016年、全く予想をしていなかった敗戦でいきなりシーズンが終了。

そのショックからしばらく遠ざかっていた山雅の話題も、年が明けて2017年の新体制が見えてくると、うずうずとyamaga欠乏症がうずきだし、昔の試合を見ることで心を癒す今日この頃。

思い返すと2011年には数多くの印象に残る試合とゴールが生まれました。

2011JFL前期第5節FC琉球戦のこのゴールは凄い!

前期5節ですが、あの東北での震災で中止になったために8月31日(水)に行われたこの試合、平日ですが仕事をさっさと終わらせてアルウィンに駆け付けた甲斐が有りました。

移籍して1か月の船山の山雅初ゴールは、大橋→良輔→弦巻→☆→船山までピッチにボールが触れることなく繋がった華麗なゴールでした。




僕はこのゴール大好きです。

船山と弦巻は小学生時代からの親友だったそうです^^