2014年5月25日日曜日

2014J2第15節ホーム ジュビロ磐田戦

2014J2第15節 ホームアルウィンで行われたジュビロ磐田戦の結果は、2-1で勝利でした。

ジュビロ磐田に勝った!ジュビロ磐田に勝った!!ジュビロ磐田に勝った!!!

て書けるなんて思っていませんでした。

今日は内容云々はどうでもいいです。

いつ点を取られてしまうのか、一瞬で攻守が入れ替わり素早い攻撃でゴールに迫るジュビロには何度も何度も肝を冷やされました。

しかし流れは不思議とこちらに向いていました。

今日の試合を象徴していたのが、最後の攻撃で相手フリーの選手のヘディングが枠を外れたシーンだったと思います。


試合終了後の選手たちの充実しきった笑顔が忘れられません。

ジュビロが来た!


アウェイ感半端ない中、気合いの入った応援は見事です


あだっち-ご来場です

ナイターの季節がやってきました

前田には最後の最後にやられました

この方には去年の借りを返した

この方には一昨年の借りを返した






今日の勝利の街は格別でした







2014年5月19日月曜日

2014J2第14節アウェイ モンテディオ山形戦

2014J2第14節 アウェイで行われたモンテディオ山形戦の結果は、0-0で引き分けでした。


過去4戦して3敗1分で勝ったことのない相手に対して、3連勝中の勢いと金曜日入りしてコンディションを整えて臨んだ一戦でしたが、中々こちらのペースに持ち込むことが出来ませんでした。

得点力不足を抱えている山形のミスに助けられた部分も大きく、無失点では有りましたがゴール前でフリーにしてしまった場面は冷や汗ものでした。

また得点源のセットプレーはだいぶ研究されてきており、こうなると少ないチャンスを確実にものにしていく集中力や精度UPが益々必要となってくるでしょう。


この試合でも有ったのが、船山がキーパーと一対一になる! が決めきれず!? という場面、このところ何回か見たような気が・・・・・


次節はジュビロ磐田戦です。

簡単に勝たせてくれる相手ではないのは判っていますが、我がアルウィンで好き勝手にやらせる訳にはいきません。

最後まで諦めず、精一杯の念を送りたいと思います。






2014年5月11日日曜日

2014J2第13節ホーム 横浜FC戦

2014J2第13節 ホームアルウィンで行われた横浜FC戦は2-0で勝利という結果でした。


今日は今季最高の穏やかな晴天に恵まれ、試合が始まる時間には気温は上昇し汗ばむ程の陽気となりました。


試合の方は前半は横浜ペースで進み、山雅の良いところを出させてもらえず、得点の匂いが感じられないまま進みます。

逆にミスから危ない場面も有りましたが、相手の最後の詰めが甘い部分に助けられて0-0で終了しました。


後半に入ると ようやく山雅が攻撃モードに入り横浜ゴールに迫る場面が出てきました。

ものたりなかった前半からやっとこ面白い展開へと変わってきた70分、混戦から岩間の左足シュートが犬飼の頭でコースが変わり先制点が生まれました。

岩間のJ初ゴールかと思いきや、公式では犬飼のゴールとなったようです。


これで完全にペースを掴んだ山雅はさらに5分後、村山のゴールキックを犬飼が頭ですらし、抜け出した右サイドフリーの船山がゴール前に絶妙のクロスを入れ、走りこんだ塩沢がスライディングしながら押し込み追加点を奪いました。
video
(シオのゴールもうまく撮れてなくて肝心のゴールの部分が欠けちゃってますorz)

この後も横浜には全くスキを与えず山雅ペースのまま無失点で試合は終了して、リーグ戦3連勝とアルウィン3連勝を飾りました。


結果的には前半で得点をされなかったことが今日の勝因だったかなと思います。



次節はまだ勝利したことがないモンテディオ山形とアウェイでの戦いですが、今日のように簡単に先制点は与えず後半勝負に持ち込むことが出来れば、どんな相手でも良い結果が出るはず。


山形から勝ち点をもぎ取り、帰ってきてくれると信じています。

2014年5月6日火曜日

2014J2第12節アウェイ 大分トリニータ戦

2014J2第12節 アウェイで行われた大分トリニータ戦は2-0での勝利という結果でした。

ゴールデンウィーク最終日の今節は、中2日で遠地 大分でのアウェイ戦という悪条件でしたが、試合序盤から山雅のサッカーは出来ていたと思います。

相手より積極的な攻めを見せていていつ点が入ってもおかしくない前半でしたが、得点は奪えませんでした。


後半に入ると相手が攻勢に出だして、ゴールを脅かされるシーンが増えてきましたが、そこは采配の妙で選手交代をうまく使ってこちらのペースに引き戻します。

そして残り15分を切ったところからは相手の足が止まりだし、ここからが山雅の神髄を見せるような攻撃が始まります。

迎えた82分、岩上の右CKを飯田が落として塩沢が競り勝ち、浮いたボールを船山が押し込み先制点を奪い取りました!!!

決して綺麗なゴールではないけれど、なぜか船山のところに美味しいボールが行く・・・・

ではなく船山の嗅覚がそうさしているんでしょう、さすがです。これが人生初のバースデーゴールというおまけ付きの先制ゴールとなりました。


まだまだ山雅の攻撃は続きます。その3分後には岩上のロングスローから、ニアーの塩沢がすらして犬飼が頭で落としたボールを喜山が左足を振りぬきゴール右に追加点となるゴールを叩きこみました。

正に正にこれが山雅です。 相手の足が止まってもこちらは走りぬくことが出来る。

これをやり続ければ、終盤に得点を奪い勝ち点を取ることが出来る。


その後の2度の決定機 というか決めなきゃダメでしょ というシーンはご愛嬌、2-0で試合は終了しました。



今日の試合は山雅スタイルはこれだというのを見せつけてくれた試合となりました。

徐々に暑くなる季節となりますが、この山雅スタイルを貫いてくれれば勝ち点は自ずとついてくるのではないでしょうか。

今シーズンに大いに期待を持たせてくれる試合となりました。




2014J2第11節ホーム 愛媛FC戦

2014J2第11節 ホームアルウィンで行われた愛媛FC戦の結果は、2-1での勝利でした。

ゴールデンウィーク真っ只中の試合当日、風は強かったものの快晴に恵まれて暑いくらいの陽気となりました。



試合の方は、入りはなんとなく選手たち動きが重いように感じられ、愛媛FCのペースで進み何度もゴールを脅かされます。

そんな中で迎えた19分、最終ライン付近からの岩間のロングパスに船山が抜け出しシュート、こぼれ球に詰めていたサビアが押し込み先制点を奪いました。
これでこちらのペースかと思いきや、いとも簡単に得点を奪われ同点とされてしまいます。

フリーにした選手にまさに呆気なく・・・・


ただ後半は一転して山雅ペースとなり迎えた58分、サビアが奪ったPKを船山が一旦は止められたかと思いきや蹴り直しを落ち着いて決めて勝ち越しに成功しました。



その後も山雅ペースの中、岩上のバーを叩いた惜しいシュートなどが有りましたが3点目は奪えず、それでも相手にはほとんどチャンスを作らせずに危なげなく逃げ切りに成功し、2-1での勝利という結果になりました。



次戦は大分でのアウェイゲーム、連戦の上に遠地という難しい条件の試合となりますが、是非とも大銀ドームで『山雅のSEE OFF』だけを響かせて欲しいですね。