2012年8月31日金曜日

次節対戦はザスパ草津

9月2日にホーム アルウィンで対戦するのはザスパ草津です。
31節先発
31節を終わって勝ち点37で山雅の3つ下 16位となっています。

後期に入って総得点24点の内9点を挙げていたリンコンとヘベルチが抜けてしまって苦しいチーム状態かと思いきや、前節は京都サンガに1-0で勝利を収めています。
(サンガには前期にも勝利しています)

守備に重点を置いたチームらしく前々節は77分に同点ゴール、前節は87分に決勝ゴールと 粘り強く戦い、終盤に得点を上げて勝ち点を積み上げています。
そしてその守備を支えるのが長身GKの 北 一真選手。

前期での対戦でも何度か好セーブを見せていましたが、なんとか草津の壁を崩して、ゴールをもぎ取りたいところです。

J'sGOALで取り上げられたのがFW16番の土井選手。
後期に入って出番が増えてきており今季初ゴール(というかJ初ゴールかな)を山雅戦で決められないよう気をつけねばいけませんね。 ”松本に立ち塞がる190センチの壁”


山雅にとっては守備にウェイトを置いたチームはやりにくいかもしれませんが、アルウィンのサポーターの力を加えてゴールをこじ開け勝利を収めたい試合です。

松本山雅FC関連ブログはこちらです

にほんブログ村





2012年8月30日木曜日

スカパー フットボールクラッキ

28日に放送されたスカパーのフットボールクラッキでは 『松本山雅が愛される理由』 が何なのかがテーマとなっていました。

かつてサッカー不毛の地と言われた松本でなぜ平均動員1万人のサポーターを動員出来るのか?


”昨年のマツの存在”

”サポーターの力”

”ボランティアスタッフの思い”

”親子3代で応援をする家族”

という視点から 『松本山雅が愛される理由』が語られています。

サポーター一人一人がそれぞれの思いを持ち、それを表現している結果が現在の観客動員に繋がっているのでしょう。

そして僕の場合、山雅を応援することで松本への愛着がどんどん強くなってきている気がしています。
だって今まで生きててこんなに「松本松本」って叫んだことないですよね。毎試合いったい何回言ってるんだろう。。。

山雅がきっかけで地域愛に目覚め始めているのかもしれません。

番組の最後はこんな壮大な言葉で締められています。

”松本山雅の存在が、ますます日本サッカーを熱くすることでしょう”
”全ては世界で戦う為に”


松本山雅FC関連ブログはこちらです

にほんブログ村



2012年8月26日日曜日

31節アビスパ福岡戦の結果は・・・追いつかれたorz

2012J2第31節 アビスパ福岡戦の結果は2-2の引き分けでした。
お互いに久しぶりの連勝が掛かった試合は両チーム共 積極的な試合運びでしたが、ややホーム福岡が押し気味に進みます。

山雅の方も持ち味のカウンターを仕掛て惜しい場面も有りましたが、24分塩沢の幻の先制点のすぐ後、相手右サイド4番のクロスを19番が長めからヘディングシュート、白井が懸命に手を伸ばしましたが届かず先制点を許してしまいました。

やられたと思った直後の山雅の攻撃、喜山から攻撃のスイッチを入れる縦パスが船山に入りワンタッチで裏に走る楠瀬にスルーパス、シュートがキーパーに当たり浮いたところに塩沢が走り込み頭でゴールに押し込みました。
山雅らしい早い攻撃と息の合ったコンビネーションからの崩しが、アッという間の同点のゴールを演出しました。

その後も両チーム積極的な攻めをみせますが、得点は出来ず1-1で前半は終了しました。

後半に入ってもコンディション的には山雅に不利な条件の試合ですが、よく動けていて互角の展開が続きましたが、60分 右サイド楠瀬のフリーキックからゴール前ルーズになったボールを塩沢がシュート、相手GKに弾かれますがそれが塩沢に当りそのままボールはコロコロとゴール内に転がっていきました。
ラッキーなゴールでしたが塩沢らしい泥臭い逆転ゴールでした。

一点を追いかける福岡はメンバー交代をして勝負を掛けてきます。
75分過ぎからは、福岡が一方的に怒涛の攻撃を仕掛けてきますが、体を投げ出しての山雅の守備陣が意地を見せてゴールを許しません。

しかし90分が過ぎてAT4分のうち3分が経過し勝ったかと思った最後の攻撃で、左サイドから16番がクロスを上げて5番が折り返し39番に合わせられ追いつかれてしまいましたorz

最後の最後に同点にされてしまったこの試合は、勝ち点1を取ったというよりは勝ち点2を失った試合と言ってもいいでしょう。

でも全体的には先制されてすぐ追いつき 勝ち越しゴールを先に取る事が出来て、苦しいアウェイ連戦にも関わらず負けない試合展開に持って行けたことは、十分評価して良いのではないでしょうか。



松本山雅FC関連ブログはこちらです

にほんブログ村


ヴェルディの木島良輔

先日、突然の移籍発表が有った木島良輔選手ですが、30節には移籍先の東京ヴェルディで大分戦に途中出場を果たしました。
この試合ではボールに触る機会も少なく、残念ながら見せ場を作ることは出来ませんでしたが、早く初ゴールを決めて欲しいと願っています。

そしていつか、山雅との試合で元気な姿を見せて欲しいと思っています。


ここにきて2011メンバーの移籍が相次ぎましたが、それとは関係なくシーズンは淡々と進んでいき、チームも後ろは振り返らず新しいメンバーで前進していっている事が少し寂しく感じられ、プロの世界の現実を突きつけられた様な思いがしています。


松本山雅FC関連ブログはこちらです

にほんブログ村

2012年8月25日土曜日

次節対戦はアビスパ福岡

8月26日にアウェイで対戦するのはアビスパ福岡です。

順位表
福岡は30節が終了して勝ち点は36で15位となっています。

得点力が魅力のチームではありますが、前々節2-4● 前節は3-2○ と失点も多くなっていて勝ち星が先行していません。

攻撃陣を引っ張るのは、今季11点を上げてランキング4位につけている10番 城後選手です。
アルウィンで対戦した試合でも一時逆転となる2点目を取られてしまいました。

前節は富山相手に先行を許して苦しい展開ながら終盤に、16番石津選手がJ初ゴールを含む2得点を上げて、劇的な逆転勝利を収めました。
お互い連勝が掛かった試合ですが、山雅はここで勝利すれば11位まで順位が上がる可能性が有ります。

強行日程でのアウェイ戦ですが、選手たちの頑張りに期待したいところです。



松本山雅FC関連ブログはこちらです

にほんブログ村

2012年8月23日木曜日

30節 京都サンガFC戦の結果は・・・激アツの勝利!

2012J2第30節 京都サンガFC戦の結果は、1-0で勝利を収めました。
前半はシュートも先に打つ等 悪くない入りでしたが、徐々に押し戻される感じで自陣での展開が多くなっていきます。

何度か危ないシーンが有りましたがその中でも25分、23番の選手が飯尾のミスからキーパーと一対一になりますが白井のナイスセーブでゴールを死守します。
その後も何度かゴールを脅かされますが、守備陣の奮闘でなんとか得点を許しません。

試合が動いたのは38分 カウンターの後のCK、ニアーに走り込んだ塩沢が価千金のゴールを決めて先制します。

攻め込まれていて相手ペースになりつつも、セットプレーを生かして少ないチャンスをものにしました。 
塩沢選手は佐川時代にも西京極で暴れ回っていて、相性がいいようですね。

後半に入ってからも押される展開の中 決定的な場面は作らせませんが、ゴール近くまでは持ってこられて危ないシーンが続きます。
なんとか守っていた山雅守備陣でしたが、88分相手カウンターからスリーバックの裏を取られてエリア内 多々良が後ろから押してしまいついにPKを取られてしまいます。

ここまで当たりに当たっていた白井とはいえ、さすがにここは仕方がないかと諦めましたが、な な なんとU19日本代表 久保のPKを見事な読みでセーブ!!! ゴールを許しませんでした。

このまま(AT長すぎじゃん)試合は終了、6連勝で2位に浮上し波に乗っていた京都サンガを相手に1-0で劇的な勝利を収めました。

いったい今日は何本シュートを止めたのか、数え切れないビッグセーブを連発した山雅の守護神 白井が凄すぎます!!

そしてもちろんほかの選手たちも素晴らしい!勝利した山雅戦士達を心から誇らしく思いました。

今日は初めてのOLD ROCKでPV観戦でしたが、山雅な仲間たちは大盛り上がりでした。


松本山雅FC関連ブログはこちらです

にほんブログ村



2012年8月22日水曜日

次節対戦は京都サンガFC

8月22日に対戦する京都サンガFCは、29節が終わって勝ち点が55と首位甲府とは2点差の2位に付けています。
前節の先発
最も警戒しなくてはいけない選手は13番の宮吉選手、今季9得点を上げている得点力もさることながら、個人技のキレの良さはヤバすぎます。

前節の61分には、ディフェンス2人を置き去りにした後、見事なラストパスで2点目をアシストしました。


現在6連勝中と甲府と同じように後半戦 勢いのあるチームで、中2日の強行日程でかつアウェイでのゲーム、気候も松本よりは蒸し暑く厳しい事でしょう。

勝てる要素は中々見当たりませんが、そんな中で力を発揮するのが我が松本山雅なのです。

ここは身上の粘り強さを見せて最小失点に抑えることが出来れば、最後にアッと言わせることが出来ると信じて松本から念を送りたいと思っています。


松本山雅FC関連ブログはこちらです

にほんブログ村

2012年8月21日火曜日

29節ロアッソ熊本戦 追伸

8月19日のロアッソ熊本戦は昼間は相変わらずの暑さでしたが、試合が始まる少し前からは太陽が雲に隠れて日差しがさえぎられ、それほどの暑さは感じられませんでした。

夏休み最後のホームゲームのイベント 山雅縁日はこの後、お子さん達でごったがえしていました。

今日のお楽しみは、”OLD ROCKの山雅人トニック” と ”明治亭の牛串焼き”という最強コンビです。

熊本サポの皆様、遠路ハルバルご苦労様です。

ゴール裏からバックスタンド側はほぼ満員状態で、1万1千人を超える観客が集まりました。

久しぶりの扶選手の登場に場内は大きな拍手が J初出場は近いぞ。


そして夏といえばこれ! 今日はゴールの代わりに花火で我慢です。。。

勝ち点3が欲しいところでしたが、引き分けに終わってしまいました。でも熱い中 奮闘してくれた山雅戦士の皆さん、御苦労様でした。



松本山雅FC関連ブログはこちらです

にほんブログ村





2012年8月20日月曜日

29節ロアッソ熊本戦の結果は・・・スコアレスドロー

2012J2第29節 ロアッソ熊本戦の結果は0-0の引き分けという結果でした。


序盤から少し動きが重い様に見えた山雅は、パスが繋がらずシュートを打つ事が出来ません。

そんな中でも積極的にゴールを狙うのは船山選手、
40分には後ろからのロングフィードに上手く合わせて強烈なシュートを放ちますが、枠を捉えられませんでした。

後半に入ってからも、カウンターを封じられた山雅はサイド攻撃頼りになってしまい簡単に攻撃を弾き返されてしまいます。

逆に相手カウンターをくらい危ない場面が有りましたが、J初スタメンのGK白井のセーブでなんとかゴールを許しません。
新戦力のアリソン リカルドや藤川を投入して、得点を狙いますが流れは変えることは出来ず、試合は結局0-0の引き分けという結果に終わりました。

熊本は前回の対戦から、山雅のカウンターを警戒していた事と、アウェイ用の負けないゲームをやっていた様に見えましたので、チョットやられた感のあるスコアレスドローの試合でした。


松本山雅FC関連ブログはこちらです

にほんブログ村



2012年8月15日水曜日

後半戦の山雅

2012J2シーズンは28節を終えてヴァンフォーレ甲府が勝ち点56で、2位東京Vに4差を付けて首位に立っています。

ここまで週替わりで首位が入れ替わっていましたが、甲府が連勝を伸ばして混戦の上位争いから抜け出すことが出来るのか今後も目が離せません。



さて、最近の松本山雅ですが 苦しい展開の中でも粘り強い戦いが出来ていて、簡単には負けないチームになってきています。

7月以降の後半戦では、3勝3分1敗(勝ち点12)ですが、引き分けの3試合は全て相手に先制されてから追いつくという展開で勝ち点1をもぎ取っています。
そして前節の富山戦では、先制されてから逆転で勝利を収めるという試合も見せてくれました。
船山逆転PK
J2の後半戦7試合だけの戦績ならば、勝ち点12(得失点+4)というのは、22チーム中 6位に相当しています。

その中で注目なのが 勝ち点と同じく得点も12点を取っていますが、これは全22チーム中トップ(大分、京都と並んで)となっており、抜群の攻撃力を持つ東京Vや湘南をも上回っています。

甲府のダヴィ一人の得点に満たなかった前半戦の得点力不足は嘘の様な後半戦の山雅の戦いぶりは、新加入選手の発表も有り益々楽しみになってきました。

さらに9月からはJリーグチームとして初参戦の天皇杯も始まりますので、まだまだ暑い夏と熱い山雅の戦いは終わりそうにありません。


松本山雅FC関連ブログはこちらです

にほんブログ村

2012年8月13日月曜日

28節カターレ富山戦の結果は・・・逆転勝利!

2012J2第28節 カターレ富山戦の結果は2-1で勝利を収めました。

試合は開始3分に大きく動きました。

キーパー野澤が右足を痛めて動けない間にアッという間に失点してしまいます。 このまま野澤は負傷交代してしまいました。

ゲームプランが大きく狂ってしまった山雅でしたが、反町監督のコメントにも有りましたが、富山に集結した山雅サポがアルウィンのような雰囲気を作り出し選手を奮い立たせます。

後半開始から弦巻に変わりチェスビンが入ってからは、山雅がペースを握り試合が進んで行きます。

そして71分、相手ディフェンダーから多々良が奪ったボールを玉林がチェスビンにパス、これを反転して左足で振り抜き、キーパーの脇を抜けたボールはゴールに吸い込まれました。
多々良が最後まで諦めずに追い掛けていい位置でボールを奪った事が同点ゴールに繋がりました。

さらに69分には、船山が微妙な判定でしたがPKを獲得しこれを落ち着いて決めて逆転に成功します。
この後も選手たちは守りに入ることは無く3点目を積極的に取りに行く姿勢をみせ、また守備の方も前線からしっかりとプレスを掛けることにより、相手に攻撃の形を作らせずこちらのペースで試合は進みました。

得点こそ奪えませんでしたが、そのまま試合は終了 2-1で逆転勝利を収めました。

それにしても船山のスタミナはヤバイ、最後まで攻撃に守備に走りきる彼の存在が無ければ同点で終わっていた試合かもしれません。


前半で負けた相手との4連戦でしたが、この勝利で2勝2分で負けは無しという予想以上の結果で、このところのチームの成長が結果にも繋がってきていると思います。

順位の方も14位に上がり、さらに上3チームとは勝ち点1差となっているので、次節ホームでの試合 是非とも勝利を掴んで順位を上げて欲しいと思っています。



松本山雅FC関連ブログはこちらです

にほんブログ村








2012年8月10日金曜日

次節対戦はカターレ富山

8月12日にアウェイで対戦するのは、カターレ富山です。
27節先発
カターレ富山は6月以降11試合勝利が無く、勝ち点は18で順位は21位と苦しいシーズンが続いています。

その中でも頑張っている木村勝太選手、24節にはこの位置から今期2点目となる先制ミドルシュートを決めています。

また、3番福田選手はディフェンスながら188センチの長身を生かして4得点を上げており、セットプレーでの得点源になっています。
第6節アルウィンでの対戦では0-3と いいところなく完敗を喫したことも有りますが、勝てば自力で12位まで浮上の可能性が有る試合なので是非とも勝ち点3を奪いたいところです。


自分も盆休みということで参戦したいところで、富山戦へ向けての奥様との攻防を果たして制することが出来るのか。。。



松本山雅FC関連ブログはこちらです

にほんブログ村


2012年8月7日火曜日

27節愛媛FC戦 追伸

8月5日のホームでの愛媛FC戦は、日中は夏らしい日差しで35度を超える暑さの中、多くのサポーターが集まりました。

サブグランドで行われていたサッカークリニックが終わり選手たちが引き上げてきました。
真ん中は新加入の橘選手ですね
マツの一周忌の翌日ということで、久しぶりのビッグフラッグ登場です。

大盛況のスタメシブースは、それぞれの思いを胸に秘めた3番を背負ったサポさんが目立っていました。

そして恒例のこいつで乾杯。今日は奮発して高いの(トルネードビール)にしましたが美味しかったです。  名前の由来は、その注ぎ方に有り。

試合の方は船山のフリーキックも枠を外れ、
video
終了間際のCKも、相手ディフェンダーに阻まれ、
video
惜しくも引き分けでしたが、暑い中頑張った選手たちにはもちろん大きな拍手が送られていました。


愛媛FCは次節は徳島ヴォルティスとの四国ダービーだそうで、フェアプレーのキーパーの方にはちょっとした借りも出来たことなので、是非とも勝利を掴んで欲しいと思っています。



PS オリンピック男子日本代表よくここまで来た! 銅メダル期待しています!!

松本山雅FC関連ブログはこちらです

にほんブログ村



2012年8月5日日曜日

27節愛媛FC戦の結果は・・・微妙な引き分け

2012J2第27節 愛媛FC戦の結果は、1-1の引き分けという結果でした。

前半は愛媛ペースで試合は進んで行きます。 山雅のミスも有りましたが、ボールを回されて危ないシーンを作られますが、なんとか凌いでいきます。

山雅は散発的にカウンターを仕掛けますが、決定的な場面は作れません。
押された展開のまま向かえた34分、中盤のパス回しの中 チェックが甘くなった8番の選手にあっさりとミドルシュートを決められて先制点を取られてしまいました。
8番の選手には再三、左サイドを崩されていましたが遠目からの見事なシュートでした。

前半は完全に相手にやられた感じで全く良いところを出せませんでしたが、後半は頭から弦巻に替えて喜山を投入し大橋をシャドーの位置に上げて、攻撃のリズムを作ろうとします。

前線でややボールは回るようになりましたが、整った相手の守備を崩しきることは出来ず得点は奪うことができません。

苦しい展開の中70分には大橋に替ってチェスビン、77分には玉林に替えて久富を入れ、最後の攻撃を仕掛けます。

その2分後ユンソンヨルの縦パスがチェスビンへ収まり鐵戸に戻してゴール前へクロス、ルーズになったボールを久富が右足でシュート! これがゴール左に決まり同点に追いつきました。
この後、勢いに乗った山雅は勝ち越し点を奪うべく、猛攻を仕掛けますが得点は奪えず、1-1の同点で試合は終了しました。

試合としては愛媛ペースで進み、先制点が取られた後も相手守備のバランスを崩すことは出来ず、決定的な場面を作ることは出来ませんでした。

負けていてもおかしくなかった試合を、しぶとく同点に追いつき負けなかったことは評価出来ると思いますが、勝って順位を自力で上げたい試合だったので、手放しでは喜べない微妙な引き分けというところでしょうか。

マツの一周忌と重なった試合で選手もサポーターも絶対に勝ちたい気持ちは有ったはずですが、それと戦術は別の話、こちらのペースにさせてくれなかった愛媛FCはさすがと思いました。

松本山雅FC関連ブログはこちらです

にほんブログ村




2012年8月4日土曜日

次節対戦は愛媛FC

8月5日はホーム アルウィンで愛媛FCと対戦します。

愛媛FCの7月の5試合は1分4敗と勝ち星を上げることが出来ず、現在勝ち点32は山雅と並んでいますが得失点差で13位になっています。

その得失点は+3(得点33失点30)で、守備と攻撃のバランスの良さが特徴のチームです。

愛媛FCといえば有田光成選手の兄、有田光希選手がチーム一の8得点を撮っていますが、このところ出場した10試合得点を取れていません。

弟 光成選手のJ出場はいつになるのか
愛媛FCが調子を落として順位を下げてきたのとは対照的に、山雅は7月を2勝2分1敗で乗り切り
、前半戦で問題だった得点力不足もこの5試合は9点を取っていて、解消されつつ有ります。

ここは是非とも勝利を上げて、自力で順位を上げたいところです。


松本山雅FC関連ブログはこちらです

にほんブログ村



2012年8月3日金曜日

8月4日と8月7日と

昨年の8月4日、仕事中に入ってきたマツの悲報に驚きました。
いてもたってもいられなくなり、仕事終わりにアルウィンへ向かっていました。

何人かの人が既に集まり、涙している人や寄せ書きをしている人がいて 献花台も用意はされていませんでしたが花を手向けて、その場を去りました。

なんでマツが亡くならなくてはいけないのかという思いや、つい先週まで目の前のアルウィンのピッチに立っていた彼の姿が見られなくなる寂しさが、頭の中を駆け巡り気持ちの整理が付きませんでした。

そんな中でもリーグ戦は待ってはくれず向かえた8月7日のSAGAWA SHIGA戦、雷雨の中でしたが行かないという選択肢は考えられませんでした。
試合開始が遅れてしまうハプニングも有りましたが集まった9000人超のサポーター達は、いつもとは違う精神状態で試合に臨まなくてはならない選手達を励まし鼓舞する為に大きな声援を送ります。

しかし気持ちばかりが先走っていた選手達はイエローを連発してしまい前半と後半に一人づつの退場者を出し圧倒的に不利な状況に追い込まれてしまいます。
それでも残った9人の山雅戦士達は最後の一秒まで物凄い気迫でゴールを目指して戦い抜きました。

敗れはしましたが、サッカーの試合でこれ程 気持ちの入った試合を見た事は初めてで、感動で自然に涙が溢れていました。

試合後、マツへの思いを込めたチャントを歌い終わった時、彼への気持ちにひと区切りを付ける事が出来、今後も松本山雅を愛して応援していく事を確信することが出来ました。

2011年の8月4日と8月7日は自分にとって絶対に忘れることのできない日となりました。


その後、天皇杯での度重なる神掛かった勝利や奇跡的なJ2昇格など、イタズラ好きのマツが仕組んだとしか思えない劇的な物語が続いていきます。

そしてもう一日 忘れる事の出来ない日が出来る事になるのですが、またその日が近づいてきたら思い出してみたいと思っています。

松本山雅FC関連ブログはこちらです

にほんブログ村